'; ?> 株式投資ニュース 3月1日

株式投資ニュース 3月1日

最新情報   トップページ


関連情報

はてなの今17年7月期第2四半期は、事業環境良好で大幅増収増益
■通期業績予想に対する進捗率は利益面で前年同期を大きく上回っていることから上振れも期待できる はてな<3930>(東マ)の今17年7月期第2四半期は、事業環境は良好で、大幅増収増益となった。 第2四半期業績は、売上高9億09百万円(前年同期比26.1%増)、営業利益1億95百万円(同40.1%増)、経常利益1億96百万円(同50.7%増)、純利益1億20百万円(同44.7%増)となった。 インターネット上で利用者自身がテキストや画像、映像などのコンテンツを発信することができる..

【3月の株主優待】よみうりランド、日本管財、セコム、ベネッセ、ナツク、ニチイ学館など
【3月の株主優待】(29)中日本興業<9643>(名2)優待品=劇場招待券売買単位=100株直近株価=9910円ビジネスブレイン太田昭和<9658>(東1)優待品=クオカード売買単位=100株直近株価=1045円ナガワ<9663>(東1)優待品=クオカード売買単位=100株直近株価=4485円御園座<9664>(名2)優待品=劇場招待券売買単位=1000株直近株価=475円よみうりランド<9671>(東1)優待品=優待証など売買単位=1000株直近株価=466円

【3月の株主優待】TBS、KDDI、TBS、KDDI、共立メンテナス、東京テアトルなど
【3月の株主優待】(28)リンコーコーポレーション<9355>(東2)優待品=ホテル宿泊割引券売買単位=1000株直近株価=187円大東港運<9367>(JQ)優待品=クオカード売買単位=100株直近株価=411円キムラユニティー<9368>(東1)優待品=お米券売買単位=100株直近株価=1203円郵船ロジスティクス<9370>(東1)優待品=優待割引券売買単位=100株直近株価=1225円ニッコウトラベル<9373>(東2)優待品=優待割引券売買単位=100株直近株価=3..

ソーバルは上場来高値更新、17年2月期増益・増配予想で18年2月期も収益拡大期待
 ソーバル<2186>(JQ)は組み込みソフト開発などエンジニアリング事業を展開している。17年2月期は新規顧客開拓やM&A効果などで増収増益予想、連続増配予想である。そして18年2月期も収益拡大基調が期待される。株価は15年6月高値を突破して上場来高値更新の展開となった。好業績を評価する流れに変化はなく、上値を試す展開が期待される。■組み込みソフト開発などエンジニアリング事業を展開 組み込みソフト開発、ウェブ・スマホアプリ開発、ハードウェア設計・開発などのエンジニアリング事..

キーコーヒーは自律調整一巡して1月の昨年来高値試す、事業領域拡大戦略を推進
 キーコーヒー<2594>(東1)はレギュラーコーヒー大手で、パッケージカフェ「KEYS CAFE」など事業領域拡大戦略を積極推進している。グループ会社のイタリアントマトも新業態をオープンした。17年3月期はコーヒー関連事業が牽引して大幅増益予想である。株価は自律調整が一巡して1月の昨年来高値を試す展開が期待される。さらに15年8月の上場来高値も視野に入りそうだ。■コーヒー関連事業を主力として飲食関連事業も展開 コーヒー関連事業(業務用・家庭用レギュラーコーヒー)を主力に、飲..

【株式評論家の視点】久世は中計2年目計画上振れへ、押し目買い妙味膨らむ
 久世<2708>(JQS)は、業務用食材卸売業者で、1934年に創業して以来、一貫してホテル、会館、レストラン、居酒屋、ファストフード、ケータリングなど、外食産業と共に歩んでいる。常に「お客様満足度No.1」「三大都市圏No.1」を追求し、「頼れる食のパートナー」として、多様化する顧客の要望にフルライン戦略で応えている。良質な商品や食材を確実に顧客の手元まで届けるという卸売業の本質を磨くことはもちろん、今後の外食産業ニーズに応えるべく、メニュー提案やトレンド情報の発信力を活..

ラクーンは日本クラウドキャピタルへの出資を発表
■日本初の株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ) 」を運営 ラクーン<3031>(東1)は 、日本初の株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ) 」を運営する日本クラウドキャピタルへの出資を発表した。なお、同社の持株比率は2.6%(2017年2月28日現在)。  日本クラウドキャピタルは、日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスFUNDINNOを運営している。株式投資型クラウドファンディングとは、..

【銘柄フラッシュ】FDKなど急伸しトランプ大統領の国防予算など材料に石川製作所などが動意
 28日は、米トランプ大統領がインフラ整備や国防に大規模予算を組む方針と伝えられ、防衛関連株の石川製作所<6208>(東1)が後場寄り後に一段高の場面を交えて大引けは14.1%高となり東証1部の値上がり率3位。メディアドゥ<3678>(東1)は類似企業の買収などが好感されて11時頃にはストップ高に達しそのまま24.0%高。ネオス<3627>(東1)は27日発表の「病気予防度を評価する医療費抑制支援システム」に関する連携や28日発表の「中国で『WeChat』(微信)対応のプリペ..

新日本建物:マンション開発用地、注目の御茶ノ水に取得
■資産運用型13階建てマンションプロジェクト 新日本建物<8893>(JQS)は、資産運用型マンションの開発を目的として、東京都千代田区で、新たに事業用地252.65 を取得した。 今回取得した御茶ノ水エリアは、2013年に「ソラシティ」・「ワテラス」が竣工して以降、新たなビジネスエリアとして注目を集めている。 また、丸の内・大手町など、東京を代表するビジネス拠点が至近にありながら、神田明神や湯島聖堂など文化と歴史の残る落ち着いた街並みが広がっている。 今回の御茶ノ水プロジェ..

【話題】クリナップ:休日は専業主婦も休みたい
■「キッチン白書2017」Webでも公開 ステンレスキッチンの専業メーカーであるクリナップ<7955>(東1)は、これまで継続的に実施してきたキッチンにまつわる生活者実態調査を「キッチン白書2017」としてまとめ公開した。■共働き主婦世帯とは真逆の状態が浮き彫りに 今回の調査では、「調理行動と整理収納」に関する6つの傾向が明らかになり、特に調理行動では、専業主婦と共働き主婦の調理時間が真逆の状態であることが浮き彫りになった。 共働き主婦は、平日は時短調理派が多いが、休日はじっ..

【株式市場】米大統領演説を控えて終盤ダレるが日経平均は5日ぶりに反発しJQ平均は13日続伸
◆日経平均の終値は1万9118円99銭(11円52銭高)、TOPIXは1535.32ポイント(1.32ポイント高)、出来高概算(東証1部)は19億8400万株 28日後場の東京株式市場は、引き続き米トランプ大統領がインフラ整備や国防などに大規模予算の方針と伝えられたことが好感され、コマツ<6301>(東1)などが高いまま値を保った。日経平均も14時30分頃までは110円高(1万9200円前後)で堅調に推移。大引けにかけては、日本時間の明日午前中とされるトランプ大統領の議会演説..

上場4日目のレノバは上場来の高値を連日更新
■類似銘柄に比べてPER低く評価不足の声 上場4日目となったレノバ<9519>(東マ・売買単位100株)は28日の後場一段高となり、14時にかけて19%高の2172円(347円高)まで上げ、上場来高値を連日更新した。再生可能エネルギー事業を展開し、今期・2017年5月期の会社発表の連結予想1株利益99円09銭をベースにしたPERは22倍前後。たとえば省電舎<1711>(東2)のPER40倍と同じ倍率まで評価すれば3963円になってもいい計算のため、評価不足感が強いようだ。エナ..

【注目銘柄】ハビックスは16年7月の上場来高値に接近、フシ突破すれば上げ足速める可能性
 ハビックス<3895>(JQ)に注目したい。不織布と衛生向け原紙を柱としている。17年3月期第3四半期連結業績が大幅増益となり、通期も大幅増益予想である。配当予想は2月3日に増額修正している。株価は16年7月の上場来高値に接近してきた。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。フシを突破すれば上げ足を速める可能性がありそうだ。 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比6.7%増の95億78百万円、営業利益が同2.5倍の11億68百万円、経常..

【注目銘柄】ウチダエスコは17年7月期第2四半期累計が計画超の大幅増収増益
 ウチダエスコ<4699>(JQ)に注目したい。内田洋行系でパソコンネット保守、OA消耗品販売、ソフト運用を展開している。2月27日発表した17年7月期第2四半期累計連結業績は計画超の大幅増収増益だった。通期も大幅増益予想である。そして増額余地もありそうだ。株価は15年7月の上場来高値に接近している。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。 2月27日発表した17年7月期第2四半期累計(7〜1月)の連結業績は、売上高が前年同期比21.1%増の69億30百万円、営業利益が同..

京写が下値をセリ上げ3週間ぶりに350円台を回復
■「夏以降かなり復調し3Qだけみれば過去最高に近い出来になった」と会社側 プリント配線板の世界的大手・京写(きょうしゃ)<6837>(JQS)は28日、351円(6円高)をつけて約3週間ぶりに350円台を回復し、年初来の高値353円(月31日)に迫っている。直近発表の会社ニュースは見当たらないが、1月下旬に発表した第3四半期決算が堅調だったため、あらためて評価し直す動きが再燃したとの見方が出ている。 第3四半期の連結決算(2016年4〜12月)は、純利益が前年同期の特別利益の..

【注目銘柄】IGポートは自律調整一巡して1月高値試す
 IGポート<3791>(東マ)に注目したい。映画、テレビ、DVD等向けアニメ制作、出版版権収入を柱としている。17年5月期は映像制作の売上端境期のため減収・営業減益予想だが、上振れ余地がありそうだ。株価は1月高値2377円から一旦反落したが、自律調整が一巡して切り返している。上値を試す展開が期待される。 17年5月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比9.0%減の72億90百万円、営業利益が同13.4%減の3億61百万円、経常利益が同8.5%減の3億69百万円、純利益が同3..

【投資に役立つ決算説明会資料】ラクーンの今期17年4月期第3四半期決算説明会資料
ラクーン<3031>(東1) ラクーン<3031>(東1)の今期第3四半期は、売上高17億43百万円(前年同期比6.2%増)、営業利益3億17百万円(同13.2%増)、経常利益3億12百万円(同12.5%増)、純利益1億82百万円(同2.4%増)と増収増益。

【株式市場】米トランプ大統領の大規模予算方針など好感し日経平均は一時160円高
◆日経平均の前引けは1万9238円74銭(131円27銭高)、TOPIXは1548.09ポイント(14.09ポイント高)、出来高概算(東証1部)は8億5141万株 28日(火)前場の東京株式市場は、米トランプ大統領がインフラ整備や国防に大規模な予算を組む方針を表明と伝えられ、NYダウの12日連続高などが好感され、日経平均は取引開始後に160円52銭高(1万9267円99銭)まで上げた。前引けも131円27銭高(1万9238円74銭)となり5日ぶりの反発基調。東証マザーズ指数や..

ユナイテッド&コレクティブは上場4日目も高値を更新し13%高
■地鶏居酒屋という点でPERを比較すれば割安との見方も 上場4日目となったユナイテッド&コレクティブ<3557>(東マ・売買単位100株)は28日も上値を追い、13%高の6990円(790円高)まで上げた後も10%高前後で推移。連日の高値更新となっている。 鶏の水炊き料理「てけてけ」などを運営し、今期・2017年2月期の売上高を前期比30.1%増の55億100万円、営業利益は同2.3倍の2億4500万円と見込むなど、高成長を計画する。 株価は予想1株利益193円82銭をベース..

ピックルスコーポレーションは3月1日に「ご飯がススム 炒飯用キムチ」を発売
■「キムチを包丁で刻む手間」と「調味料を加える手間」を解消 ピックルスコーポレーション<2925>(東2)は、3月1日に「ご飯がススム 炒飯用キムチ」を発売する。 細かく刻んだ白菜を使用し、濃厚な味付けのキムチに仕上げることで、キムチ炒飯を作る際の「キムチを包丁で刻む手間」と「調味料を加える手間」を解消した。また、炒飯以外にも手軽に様々なキムチのアレンジ料理を楽しむことができる。 味の特徴としては、りんごの甘味と魚介のうま味がきいた辛さ控えめとなっている。

FDKがストップ高に迫る、2月中旬に続き高機能電池を材料視し2段上げ
■値動きの軽さや期待材料に対する反応の機敏さが注目される FDK<6955>(東2)は28日、急伸となって10時30分に166円(47円高)まで上げ、本日のストップ高(50円高の169円)に迫っている。28日付で「高エネルギー密度を有する全固体リチウムイオン電池用正極材料を開発」と発表し、期待が広がった。 2月15日には「大容量ニッケル水素蓄電池「メガトワイセル(同社の登録商標)」を開発」と発表し、翌16日にストップ高。値動きの軽さや期待材料に対する反応の機敏さが注目されたよ..

川西倉庫が「圏央道」の開通など好感されて急伸
■大和ハウスや日野自動車、川崎近海汽船なども注目される 川西倉庫<9322>(東2)は28日、大幅続伸の始まりとなり、10時にかけて1200円(60円高)まで上げて2007年以来約10年ぶりの1200円台となった。神戸発祥だが、「関東新倉庫は30億円で圏央道近辺を物色」(会社四季報・東洋経済新報社)とあり、2月26日に「圏央道」(首都圏の郊外を囲む形で走る首都圏中央連絡自動車道)の茨城県内区間が全線開通したと伝えられ、連想買いが広がったとの見方が出ている。PBRが0.6倍前後..

石川製作所が急反発、トランプ大統領が国防などに大規模予算とされ思惑
■防衛関連株に注目集まるが今のところ物色は限定的 石川製作所<6208>(東1)は28日、急反発の始まりとなり、取引開始後に7%高820円(55円高)と出直りを強めている。9時30分を回っては東証1部の値上がり率4位。機雷などを製造する防衛関連株とされ、米トランプ大統領がインフラ整備や国防に大規模な予算を組む方針を表明したことなどが材料視されている。 防衛関連株としては、三菱重工業<7011>(東1)などの大どころのほか、救難飛行艇の新明和工業<7224>(東1)、銃砲などの..

PALTEKの2016年12月期決算説明会(動画)
PALTEK<7587>(東2) PALTEK<7587>(東2)は、FPGAを主力とする半導体輸入商社で、受託設計・開発のデザインサービス事業や新規分野のスマートエネルギー事業も強化している。17年12月期は円高のマイナス影響が一巡して大幅増益予想である。

日産自動車が欧州で自動運転車テストと伝わり出直り強める
■ロンドンで自動運転車の欧州初走行試験を開始とされ注目強まる 日産自動車<7201>(東1)は28日、反発の始まりとなり、取引開始後に1116.0円(11.0円高)と出直りを強めている。円相場が海外市場から円安基調に戻った上、「ロンドンの公道上で自動運転車の走行試験を始めた」(ロンドン27日ロイター通信)と伝えられ、注目が集まった。自動運転に関する存在感を欧州でPRできれば日系メーカー全体にとってもプラスとの見方がある。 報道によると、「日産自動車は英国時間の27日、ロンドン..

最新情報